なう

乙羽信子と新藤兼人の比翼塚【衡梅院】


色づいた衡梅院の「四河一源の庭」

比翼塚に刻まれた「天」の文字

墓標に刻まれた、二人の名前

詳細
タイトル
乙羽信子と新藤兼人の比翼塚
種別
なう
場所衡梅院
撮影日時2017年11月17日
おすすめ
ポイント
通常は紹介者のみの非公開だが、「冬の京の旅」などで一般公開あり。
説明
妙心寺の中興の祖・雪江宗深を開山として創建された塔頭寺院。雪江禅師の四人の弟子に因んで名づけられた「四河一源の庭」は杉苔と石組、楓樹が調和した美しい枯山水庭園である。 墓地の中央部には映画監督・新藤兼人と最愛のパートナーの女優・乙羽信子の比翼塚がひっそりと、墓標には一文字「天」とある。 これは漢字で「二」「人」で「二人」を意味し、新藤兼人の深情が伝わり素晴らしいの一語に尽きる。
情報提供さくらがい

興趣をそぐ京都迎賓館の公開【京都迎賓館】


京都迎賓館の西門の受付

見学の時間内に行われる無神経な池の清掃

ここにも箒を持った人影がちらつく

詳細
タイトル
興趣をそぐ京都迎賓館の公開
種別
なう
場所京都迎賓館
撮影日時2017年11月10日
おすすめ
ポイント
無神経さが改善されなければお勧めできない
説明
久しぶりに京都迎賓館を訪れて驚いた。 本来は寛ぎの空間であるべき庭園内に、見学の時間中にも拘わらず無粋な清掃人の姿がちらつき折角の雰囲気を台無しにしていたからだ。見学者の心情を無視したその無神経さにいささか呆れた。入館料を徴収する以上はプロとして「おもてなしの心」が求められるのは当然ではなかろうか。
清掃の時間が不足ならば休館にしてでも裏方は見せず、ベストの状態で鑑賞に供すべきだと思う。
プレオープン時の感動は全く再現できなかった。
情報提供さくらがい

古式ゆかしい亥子祭【護王神社】


本殿ノ儀と御春ノ儀

御所への御玄猪調貢ノ儀

碁石を大きくしたサイズの亥子餅

詳細
タイトル
古式ゆかしい亥子祭
種別
なう
場所護王神社
撮影日時2017年11月1日
おすすめ
ポイント
荘重で典雅な厄払い神事
説明
澄み渡る晩秋の夜空のもとで幽かに浮かぶ月を背景に多数の提灯とかがり火に、祭が映し出される。 さながら王朝絵巻のひとこまである。祭典は衣冠の神職と、平安朝の女房装束に身を装った五人の子女(奉仕女房)が御春式(亥子餅を春く神事)を奉仕する。神殿の儀式が終わると禁裏御用の高札を先頭に、神社→蛤御門→清所門の順に列を整えて参内し亥子餅献上の儀を行う。全国の神社の中で当社の「亥子祭」のみが御所参内を許されている。当社は御所の守護神であり和気清麻呂命ほかをまつる霊猪の信仰の厚い神社である。1000円以上の志納金で陣羽織と提灯が貸与され御所への列に参加することができる。帰参後はおでんと餅がふるまわれる。全行事に参加して約2時間半、すがすがしい安楽感を得ることができる。
情報提供さくらがい

仁王門界わいの点描【要法寺ほか】


カルガモ親子の「ふるさと」要法寺の池

公家味噌(懐古庵・新洞食糧老舗)

オーガニックジャンクション

詳細
タイトル
仁王門界わいの点描
種別
なう
場所要法寺ほか
撮影日時2017年10月22日
おすすめ
ポイント
露地などの奥に新しい発見がある。
説明
「清遊の会」の散歩に参加して雨の中を仁王門通り界わいを歩いた。西寺町通りなど、名前の示すとおり林立する寺院が目立つが、お寺以外にも老舗や興味深い店などが息づいており新鮮な発見があった。このブログでこれまでに取り上げたものは省いての紹介である。
①要法寺 日蓮本宗の大本山で、本堂の前にある池はお馴染みのカルガモ親子の棲み処、毎年この池から鴨川にお引越しをするほほえましい行列姿はマスコミで必ず取り上げられる。日時が特定できないだけに、待ち構えるカメラマンにとっては大変だ。
②公家味噌 平安時代の公家・鷲尾家の末裔に代々伝わる秘伝の味噌は関白近衛家の御用達の品。京のゴボウと丹波の大豆を日向大神宮の名水を使用して、とろ火で時間をかけて練り上げた逸品で、そのまま食すが美味。
③オーガニックジャンクション
ハワイのオアフ島から直輸入のハワイコナの香高いコーヒーや、ハワイ島でも滅多に出回らない希少なラウレアオーガニックハニーのハチミツを販売。 知る人の知るエッグベネディクトの名店でもある。
情報提供さくらがい

和久傳の新しい店【丹】


「丹」の外観

2階のカウンター席

季節の定食(子持ち鮎と秋野菜の吹き寄せ)

詳細
タイトル
和久傳の新しい店
種別
なう
場所
撮影日時2017年10月17日
説明
和久傳の新しい店『丹」は東山区の白川沿い三条通下ルにある。1階はオープンキッチン方式で1枚板のダイニングテーブルは開放感がある。2階はカウンター席と大テーブルに北欧家具を使用している。各階ともに西側の目と鼻の先きにある白川と柳を借景に見立てている。施工は数寄屋建築で有名な中村外二工務店、看板の文字は4代目・市川猿之助の手になる由。当日のメニューは①季節の定食(3000円)が子持ち鮎と季節野菜の吹き寄せ、②お魚の定食(3800円)は戻りカツオの造りと黸(すずき)の揚げ出し、③お肉の定食(4600円)は黒和イチボ肉の炭火焼きである。最初にかつおだしと梅干が出る。丹後産の玉ねぎ、万願寺とうがらし(赤と青)、水ナス、ぎおん豆などの野菜がテーブルに置かれ客が取り分けて食すようになっている。調理は客の目前で行い、米は久美浜の自家製米を使用している。2017年7月のオープン時は朝食のみだったが現在はランチ、ディナーともに提供。さて味は悪くないがコストパーフォーマンス的な判断は微妙なところだ。
情報提供さくらがい
1 2 3 4 5 6 7 ... 189 次へ› 最後 »

コメントは受け付けていません。